足場架設

こんにちは。

今日も1階部分の型枠建て込み、そして足場架設が始まりました。

ここで、「かせつ」を変換した際に「仮設・架設」と出てきました。どっちも見覚えがある・・・

さっそく調べてみました。

 

仮設足場とは

仮設足場は、「仮に設置する足場」という意味です。
「仮」とは言え、建物建築や外壁塗装などをする時には無くてはならないものです。

 

架設足場とは

架設足場は、そもそも言葉の間違いで、「架設」というのは、架けて設置すること。

なので、正しい日本語は「足場架設」「足場を架設する」ということになります。

 

仮設足場を架設する:まとめ

足場は建築工事や塗装工事が終わったあとに撤去する、いわゆる仮に設置するということで「仮設」。

足場を架けることを「架設」。

まとめると、「仮設足場を架設する」となります。ややこしいですね。

ここで「設」の意味まで調べると・・・

もうやめます。

普通に「仮設足場」「足場架設」という使い方で良しとしましょう。

 

▼北東側から撮影

▼南東側から撮影

 

それではまた。

土地活用を検討している方には、「HOME4U土地活用」を使って複数の企業から活用プランの提案を受けてみることをおススメします。
NTTデータグループが運営する「HOME4U 土地活用」は、実績豊富な多数の大手企業と提携しています。優良な企業のさまざまな提案を受けられるので、初期費用だけでなく、ランニングコストや将来の収益性などをしっかり比較した上で活用プランを選択できるのが最大のメリットです。

あなたにおすすめ!【HOME4Uの土地活用】

こんな方にもご利用いただいています
✅土地を相続したが、どう活用していいかわからない。
✅土地は持っているが、固定資産税を払うだけになってしまっている。
✅年金以外の安定収入がほしい。
✅土地は持ってないが、不動産投資を始めてみたい。
✅節税のために賃貸経営を検討しているが具体的イメージがついていない。