経営判断としての土地活用・不動産投資という選択【自社ビル建設】

こんにちは。

突然ですが、ヤフーニュースで興味深い記事(「企業の事業売却、総額5兆円 コロナ禍、経営判断迫る」)がありました。

このコロナ禍での企業の経営判断は、とても難しいものがあります。

筆者の私も、規模は小さいながら事業買収・企業売却を経験してきましたが、この時期での自社ビル建設は正直かなり迷いました。

決め手は、子会社を売却(株式譲渡)できたことと、不採算事業(不動産仲介)から実質撤退できたこと。

これにより本業の「ガス事業」・「不動産賃貸業」に集中できる環境が整いました。また、人手不足というリソースの問題も外注化・業務提携することで、コストパフォーマンスも大きく改善しました。

少し前までは、「売上」という仮面の会社規模にこだわっていました。今は、スリムになったものの利益率はかなり上昇しています。

この調子で会社の平均年収も上げていきます。

 

さて、今日の現場は、4階のコンクリート打設に向けて配筋・建て込み作業です。

▼北東側から撮影

 

▼南側から撮影

4階のコンクリート打設は10月31日を予定しています。

それではまた。

 

土地活用を検討している方には、「HOME4U土地活用」を使って複数の企業から活用プランの提案を受けてみることをおススメします。
NTTデータグループが運営する「HOME4U 土地活用」は、実績豊富な多数の大手企業と提携しています。
優良な企業のさまざまな提案を受けられるので、初期費用だけでなく、ランニングコストや将来の収益性などをしっかり比較した上で活用プランを選択できるのが最大のメリットです。

あなたにおすすめ!【HOME4Uの土地活用】

こんな方にもご利用いただいています
✅土地を相続したが、どう活用していいかわからない。
✅土地は持っているが、固定資産税を払うだけになってしまっている。
✅年金以外の安定収入がほしい。
✅土地は持ってないが、不動産投資を始めてみたい。
✅節税のために賃貸経営を検討しているが具体的イメージがついていない。