土地活用ブログ更新139回目【置床工事】

こんにちは。

ついにアメリカ大統領にバイデン氏が就任しますね。

一部しか見ていませんが、首都への出発前の演説にはとても感動しました。何か変わる気がします。

日本の首長も見習ってほしいものです。

 

さて、現場は今日も順調に進んでいます。

▼1階事務所

 

置床工事が始まっていました。

置床工法とは?

スラブ(コンクリートの床板)の上に根太、支柱を配置し、防振・遮音・断熱を目的として床板を二重に張り、床板の間に空間をつくるもの。

午前中に資材の搬入から始まり、午後過ぎには張り終えていました。さすがです!

 

今日も階段のモルタル仕上げ工事のため、2階から上の写真は撮っていません。

 

今日は以上です。

それではまた。

 

土地活用を検討している方には、「HOME4U土地活用」を使って複数の企業から活用プランの提案を受けてみることをおススメします。

NTTデータグループが運営する「HOME4U 土地活用」は、実績豊富な多数の大手企業と提携しています。

優良な企業のさまざまな提案を受けられるので、初期費用だけでなく、ランニングコストや将来の収益性などをしっかり比較した上で活用プランを選択できるのが最大のメリットです。

あなたにおすすめ!【HOME4Uの土地活用】

こんな方にもご利用いただいています
✅土地を相続したが、どう活用していいかわからない。
✅土地は持っているが、固定資産税を払うだけになってしまっている。
✅年金以外の安定収入がほしい。
✅土地は持ってないが、不動産投資を始めてみたい。
✅節税のために賃貸経営を検討しているが具体的イメージがついていない。